人に肌を見せるのは恥ずかしくありませんか

人に肌を見せるのは恥ずかしくありませんか

私は中学生くらいの時から毛深いのが凄くコンプレックスだったので、極力人には肌を見せたくありませんでした。ノースリーブなんて以ての外でスカートも履くのが怖かったです。
本当にその辺の男性よりも絶対濃い自信があったし、男性が朝ヒゲを剃ると夕方にはジョリジョリしてくる。と言っている気持ちが非常によく解ります。私は足がそうでした。中学、高校は制服だったのでスカートでした。制定のソックスが短かったのでナマ足の範囲が広く、毛が目立ちました。気になって気になってしょうがなかったので毎日剃っていました。その時は逆剃りをすると肌を傷める事やソープで剃ることなんて知らなかったのでT字でそのまま剃っていました。今考えると恐ろしいです。そんな事を続けていたので肌は乾燥していたし、毛穴が目立ち、炎症している箇所や埋没毛が沢山ありました。元から人に肌を見せるのは恥ずかしかったですが度重なる自己処理で更に汚くなった肌をスタッフさんに見て貰うのは始めは凄く勇気がいりました。恥ずかしいのも勿論ですが施術してくれるスタッフさんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それを仲良くなったスタッフさんにお話すると、「私たちはプロです。色々な人のお肌を見てるので慣れてますよ。それにそういった悩みがある人の肌が綺麗になって喜んでくれるのが私のやりがいです」と言って下さり、一気に肩の力が抜けて安心しました。恥ずかしくて迷ってる人がいたら、勇気を出して行ってみて下さい。私は脱毛をした事によってコンプレックスが1つ消えました。着たい服も行きたい場所も変わりました。

page top